下見の旅 -たら汁-

2015年8月18日 / おいしいもの, 下見の旅, 車中泊

朝ごはんを探しつつ出発するも、開いているお店はあまりなく。

そもそもお店自体も、少ないようで…。(^^ゞ

 

そんな中、開いていて食べれそうなお店を、旦那さんが見つけました。

DSCF9603_R

ここですか?

多分、私なら選ばないような…。

いや、店がどうのこうのというより、「たら汁」って。

 

私はたらは好きです。

でも、旦那さんは、ぱさぱさしたたらは、あまり好きではありません。

 

道の駅の本にも、

この辺りの道の駅の名物に、しばしば「たら汁」なるものが登場していて、

興味はあったのですが、

説明に「たらの肝も一緒に…」と。

 

魚にしても肉にしても、内臓系は、私はあまり得意ではありません。

となると、たら汁は、二人にとって、魅力が感じられません。

なので、即却下!だったのですが。

 

でも、開いているお店は、これぐらい。

その上、昨夜あれほど食べたというのに、既にお腹も空き空き。(>_<)

 

ま、たら汁以外もあるだろうと、入ってみると。

DSCF9600_R

どこかの社食みたい。(^^ゞ

ガラスケースから、好きなおかずを取り、清算するようです。

 

「たら汁、何人前??」

当たり前のように聞かれました。

周りを見渡しても、それらしいお鍋が乗っていないテーブルはありません。

「いりません」とも言えず…。

 

「えーと、1人前ってどれくらいですか?」

「あのテーブルので、3人前だよ。」

近くのテーブルを指すおじさん。

それは、そんなに量があるようにも見えず、ならばと2人前をお願いしました。

 

ちなみに、ガラスケースから取ったおかずは、これです。

DSCF9601_R

卵焼きは、いかにも家で作った感じで、おいしそうです。

もずくは。

それもこの辺りでは、よく出てきました。(By道の駅の本)

そして、お米のお供、タラコです。

 

さて、肝心のタラ汁が出て来ました。

DSCF9602_R

…。

苦手な奴だ…。(>_<)

 

母が魚好きだったおかげで、

我が家では「あら汁」なるものが、よく出てきました。

でも、それを食べるのは、母一人。

どうやら魚好きの彼女には、魚臭いというのはよくわからないのか、

それは、いつもとても臭く、

目玉なども入っており、私には、とてもグロテスクな食べ物に映っていました。

もちろん、恐る恐る汁だけいただいたこともありますが、

結果は、やっぱり!でした。

 

それ以来、こういう見た目の物は、本当に苦手です。(-_-)

 

でも、お腹は空き空き。

目をつぶって、タラの身だけでも食べることとします。

 

が。

一緒にすくってしまった汁を飲んでみると、

臭くないんです!

それどころか、いい味。

なんだ、結構おいしいじゃん!!(^^)/

 

いい気になって食べすすめると、何かぽよぽよした触感の物が口へ。

気が付かず、肝まで口に入れてしまいました…。(-_-)

 

ま、口に入れてしまったから仕方ない。

と、食べてみると、これが合う!(゜.゜)

汁が濃厚になり、更においしさ倍増です。

そういえば、タラの肝って、初めてかも。

食わず嫌いでした…。(^^;)

 

このたら汁は、今回の旅を通して、一番の衝撃となりました。

 

食べ終わって外へ出てみると、そこかしこに「たら汁」の旗が。

やっぱりおすすめなのね。(^^ゞ

 

でも。

確かに、おいしかった!(^^)/

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アクセス数

  • 10今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る