伊豆半島へ -つり橋は?-

2015年9月2日 / 伊豆へ, 車中泊

昼寝から覚めて、慌てて移動開始です。

いやー、寝過ぎたっ!!(>_<)

 

今日の夜は、沼津で泊まるつもりです。

急ぐのなら、近道もあるのですが、

相変わらずしつこいぐらい海岸線を走っていきます。

 

果たして、沼津に行きつくのでしょうか??(^^;)

 

急いでいても、もちろん見学は欠かせません。

吊り橋を渡るそー!と、堂ヶ島に到着。

こっちこっちと歩くものの、吊り橋は???(゜.゜)

 

よく見てみると、つり橋は城ケ崎だったようです。(-_-)

つり橋で、じんがどんな反応を見せるか、見てみたかったのですが…。

残念!

 

でも、せっかく来たんです。

堂ヶ島の見どころ、天窓洞というのを見ていきましょう。

DSCF0062_R

下から見たところ。

 

こんなところを通って上がっていき、

DSCF0065_R

上から見るんですが。

…。

真っ暗な洞窟の、あまりの暗さにびびって、

写真を撮るのも忘れ、慌てて通り過ぎてしまいました。

何を見に来たのやら…。(^^;)

 

日が入ると、もうちょっと違う見え方をするみたいなので、

いつかまたチャレンジしてみたいです。

 

さて、先を急ぐとしましょう!

 

伊豆と言えば、海のイメージが強かったのですが、

どんどん山を登っていきます。

 

ふくは、またもや景色を見ています。

DSCF0072_R

もしや、車窓を見るのが好きなのか??

でも、その態勢は…。(^^ゞ

 

なんてやっている矢先。

なんだ、そのもやもやは。(゜.゜)

DSCF0076_R

 

どんどん登っていくと、どんどんもやもやの中へ。

DSCF0086_R

とうとう、視界5mぐらいになってしまいました。

山道で視界がないって、怖い。

そこへ、何かが飛び出してきました!!

 

鹿の親子か?

 

でも、もっとびっくりしたのが、鹿が多いのなんのって…。

ちょこちょこ、目の前に出てきます。(゜.゜)

 

靄の中から、突然の鹿って、これも結構怖いです。

相手も焦ったのか、

固まって、剥製に見える子もいました。(^^;)

 

伊豆の山って、こんなに鹿がいるんですね。

初めて知りました。 

 

そんなドキドキの山越えの末、やっと沼津に到着!(^^)/

 

せっかくなら、お寿司でもって、回転ですが。(^^ゞ

DSCF0087_R

「チェーンじゃん。地元でも食べれるよ!」

という、旦那さんの声を無視して、ここへ。

 

確か、沼津本店でしか食べれないものがあるって、テレビで言っていたような…。

それが何かは、覚えていませんが。(^^ゞ

 

とりあえず、名物そうなのを食べておきます。

DSCF0090_R

帰ってから、食べ比べすればいいや。(^^)

 

金目の煮つけがあったので、頼んでみたのですが。

DSCF0091_R

お味はよかったのですが。

寂しい!

やっぱり、お昼に姿煮を食べておけば…。(>_<)

 

また、絶対に食べに行ってやる!! 

なんて言いつつも、いつもの大食いを発揮。

眠い。

もう目が開かないよーと、もがきつつ、本日の宿(?)へ。

 

今晩は、駒門PAです。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アクセス数

  • 3今日の閲覧数:
  • 33昨日の閲覧数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 25昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る