ピルツ7

2015年9月29日 / キャンプ, 道具

キャンプでよくするスタイルは、

メッシュシェルター+小川フィールドタープヘキサDX

なのですが、

結露の時期になってくると、

外に荷物を出したまま寝ると、大変なことになる、

というのを、去年、身をもって知りました。(^^ゞ

 

ということで、今回の滝沢牧場では、

メッシュシェルター+ピルツ7+ケシュアのタープ

としてみました。

 

メッシュの前室と、ケシュアをつなぐような形です。

DSCF0680_R

メッシュが荷物置き&旦那さんの寝室、

ピルツ7が私&ワンコの寝室です。

 

雨のおかげで、最終的には、

メッシュがみんなの寝室&居間、

ピルツ7は荷物置き、となってしまいましたが。

 

 

ピルツ7を張った感じ。

DSCF0675_R

今回は土間スタイルで、床がないため、

6か所をペグダウンし、真ん中のポールを立てるだけです。

女性一人でも十分こなすことが出来ました。

慣れれば、15分もかからないでしょう。

 

隙間風防止に、スカートを全部ペグダウンしたので、形もきれい!

このスカートの処理のおかげで、

最後まで隙間風や、雨が流れ込んでくるなどの被害とは無縁でした。

ただし。

まさか、地面全体から、水が侵入してくるとは、思っていませんでしたが。(^^;)

 

 

ピルツにコットを入れたところ。

DSCF0677_R

こちらのコット、

ドッペルギャンガーのワイドキャンピングベッドです。

通常のコットと比べて、幅も広いので、

どんな感じになるかと思っていたのですが、

全く問題はありませんでした。

 

ただ、手前を土間にする場合、

あとからコットを入れようとすると、ポールが邪魔で入らないので、

ポールを立てる前に入れておかないとだめです。

 

そして、このコット。

確かに女性一人で組み立てるのは、しんどいなぁ。

足が固いのは、もう少しこなれて来たら、入れやすくなるとは思うのですが、 

どこかに置いて組み立てないと、組み立てられない(組み立てにくい?)

というのが、やっぱり難点。

 

土間スタイルだと、場所に余裕もあるので、

いつものように、ワンコを寝袋に入れるのはあきらめて、

ワンコの寝床は、別に確保した方がいいのかもしれません。

普通タイプのコットなら、選択の幅も広がりますし、

そうすると、もう少し組み立てやすいコットもあるでしょうし。

 

 

ケシュアを建てたところ。(コットと前後しますが。)

DSCF0676_R

本当は、ピルツ7のワンポールを使って、小川張りにするつもりでした。

その為の小道具も作ってあったのですが、残念ながら積み忘れ。(>_<)

次回に持ち越しです。

 

とはいえ、ピルツに前室ができた感じで、とても使いやすく、

これもなかなかでした。

ソロキャンなら、これで十分でしょう。

 

小川張りにすれば、タープを一人で建てるもの難しくなさそうですし。

っていうのは、次回試さなくちゃ。(^^)

 

本当は、タープは、レクタではなくヘキサを考えていました。

いろいろ検索しても、そちらのほうが多いですし。

でも、今のところ、このレクタなら十分のようです。

かどうかは、次回やってみてからでしょうが…。(^^ゞ

 

 

ピルツ7周りのまとめは、こんなところです。

やっぱり、参天、好きだなぁー。

 

旦那さんには、いまいちヒットしていないようですが。(^^;)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アクセス数

  • 40今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 36今日の訪問者数:
  • 47昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る