アルパカがやってきた

2015年11月10日 / キャンプ, 道具

アルパカと言っても、動物じゃありません。

ストーブです。(^^ゞ

 

韓国からやってきました。

DSCF1713_R

中には、こんな子が。

DSCF1714_R

 

キャンプを始めた時に

「燃料系は揃えた方がいいよ。」

と、言われました。

 

2シーズン試した結果、

我が家の燃料は、灯油で統一することに決定!

 

今使っているCB缶(カセットガス缶)は、

安くて、どこででも手に入り、お手軽でいいのですが、

寒い時期には、あまりいいとは思えません。

 

低い温度だと、缶が冷えるんです。

そうすると、いきなり効率が悪くなり、

真っ暗な中、徐々にランタンが暗くなってきて、焦ったことも…。(^_^;)

 

その後、缶にカバーを付けたのですが、それでもいまいち。

冬はCB缶以外の燃料がいいなと痛感しました。

 

ちなみに、ホワイトガソリンも考えたのですが、

対応するモノが多いものの、

なんと言っても、ホワイトガソリン自体の価格が高い!

そして取り扱いも、ちょっと注意が必要です。

 

それに対して灯油は、

どこででも手に入りますし、なんと言っても安い!

 

我が家のように、

寒い時期にキャンプに行く場合、これは重要です。(^^ゞ

 

そして、ホワイトガソリンよりは取り扱いも楽。

ただ問題は、対応しているモノが少ないんです。

 

もちろん、フジカや武井など、とてもいい日本性のモノもありますが、

今シーズン、きっとやって来るであろうNewテントの事を考えると、

今はいいモノよりも、お手軽なものを…。(^^ゞ

 

ということで、この子がやってきました!(^^)

 

さて、このアルパカくん。

噂にたがわず、シンプルな作り。

 

左が燃料のメモリ。

右が給油口。

DSCF1716_R

給油口は、蓋はあけるとこんな感じ。

DSCF1718_R

蓋と本体のへこみを合わせて、ひねるだけ。

灯油を入れた時の持ち運びが、ちょっと心配です。

気をつけねば…。

 

ちなみに、こんな専用カバーも、別売りであります。

上と横が開き、出し入れも簡単。

DSCF1719_R

 

そして、アルパカと来たら、これ。

DSCF1767_R

コーナンの五徳。

本当は七輪用のもののようですが、

アルパカにぴったりと、色んなサイトに載っていました。

 

試しに、はめてみると…。

DSCF1769_R

ほんと、ぴったり!(゜.゜)

きっちりはまるので、まったくぐらぐらもしません。

 

その上に蓋を乗せても。

DSCF1770_R

まったく問題なし!

 

そして、そのままケースにも入りました。(^^)/

DSCF1722_R

 

本体+カバーで、2万円弱。

五徳は500円強。

このセットは、かなりお買い得だったかも。(^^)

 

さて、ストーブの準備、完了です!

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アクセス数

  • 40今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 36今日の訪問者数:
  • 47昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る